文書管理システム - プロアクティブ
FSVPコンプライアンス。

文書管理システム(DMS)を使用して、規制文書の包括的なデジタルデータベースにアクセスします。輸入業者と輸出業者の記録管理要件を簡素化するためにカスタマイズされた機能で、リアルタイムで組織化とコンプライアンスを維持します。

document-header-511-471

輸入業者向け文書管理

FSVP文書の堅牢なリポジトリにより、FDA規制の輸入のサプライチェーンを健全に保つ

  • サンプリングおよびテストレポート、食品安全プラン、モニタリング記録など、サプライヤーのFSVP情報およびその他の検証文書を安全に保管
  • 監査時の文書要件を満たす
  • 必要に応じて規制情報を収集するため、サプライヤーとの直接的なコミュニケーションを維持
  • 重要な期限と有効期限の自動通知を受信し、一貫したコンプライアンスを確保します。

輸出業者向け文書管理

DMSは、米国のバイヤーへのコンプライアンス文書の送信をかつてないほど迅速かつ簡単にします。

  • 輸入業者とのコミュニケーションの管理と改善
  • 輸入業者へのメッセージ送信に使用しているのと同じプラットフォームに、コンプライアンス関連文書を即座にアップロード

レジストラーコープの会社のサポート

DMSは、記録を整理し、
文書化のギャップを特定する構造を提供するため、コンプライアンスを達成し、リスクを軽減することができます。

サプライチェーンのリスク管理を簡単に。

オートコンプライアンスは、貴社が輸入業者であるか輸出業者であるかを問わず、強力で多様なサプライチェーンを構築し、より良いコンプライアンスを保証するために必要なツールを備えています。

よくある質問

外国サプライヤー確認プログラム(FSVP)規則に基づき、FDAは米国の輸入業者に対し、外国サプライヤーから輸入された各製品の評価と承認を文書化することを義務付けています。多くの輸入業者は、この要件を満たすために、サプライヤーの食品安全プラン、監査レポート、GFSI認証を要求および評価することを選択します。

FDAの文書管理、収集、保管、再評価は、特に文書バージョンの操作、サプライヤーの連絡先リストの維持、人員配置の変更への適応などの要因を考慮すると、長期的な問題です。レジストラーコープの文書管理システム「DMS」は、これらすべて、そしてそれ以上のものに対する主要なソリューションです。

文書管理システム「DMS」では、食品安全プラン、GFSI認証、検査報告書、プロセス文書、製品ラベルなど、必要な文書を管理できます。レジストラーコープの事前作成文書タイプのいずれかを使用して、文書を分類するか、カスタム添付ファイルで独自の文書を作成します。

レジストラーコープの文書管理システム「DMS」がなければ、有資格者が文書の収集、追跡、レビュー、承認を管理するのに、サプライヤー1社あたり最低でも月2時間、1時間あたり平均24ドルかかると見積もられています。

文書管理システム「DMS」は、FSVP文書を維持するために、Eメールチェーンをナビゲートし、リマインダーを書き、カレンダーをチェックする退屈な作業を取り除きます。文書の有効期限が近づくと、DMSは再評価のリマインダーを電子メールで送信し、サプライヤーに更新された文書を自動的に要求することもできます。

文書管理とサプライヤーのモニターを組み合わせることで、5社のサプライヤーだけで年間12,000ドルのコスト削減を実現できます。

いくら節約できるかを見る >>

はい。自動更新された文書の有効期限が近づくと、DMSは自動更新をリクエストします。自動更新文書の有効期限が近づくと、文書管理システム「DMS」は追加クリックなしでサプライヤーに更新文書をリクエストします。

必要な数の文書を保存できます。文書管理システム「DMS」は、文書数、バージョン、サイズ、タイプに制限を設けません。  すべての食品安全文書は、使いやすいインターフェースからシームレスに取得できます。

はい。専任のアカウント・マネージャーが、サプライヤーのオンボーディングや書類提出の代行など、アカウント全体のスムーズな運用をお約束します。

レジストラコープの文書管理システム「DMS」は、FSVPを毎日実施する食品科学者の助けを借りて設計されました。FSVPのベストプラクティスに関する科学者たちの洞察のおかげで、コンプライアンスを簡単かつ手頃な価格で実現する、継続的な改善と適応力のあるソリューションを構築することができました。

To top